OLD HILUX  

ハイラックスのエンジンルーム洗浄

・家の中の整理をしていたら出てきました、スチームクリーナー。

せっかくのスチームクリーナーをエンジンルームに使いたい。

長年の排気の汚れと油汚れに対応できるかどうかスチームを当ててみる、スゴイ湯気がでてきて、シュワシュワと蒸気が出てきます。コオーッと音がして湯気の後を見てみると汚れはどうだ?

落ちてない。がぁちょ~ん。 よくみても落ちてない。

長年の排気の汚れ、表面がカサカサになっている汚れには効かない。それでは、原点に戻ってやっぱり、油落としの液体洗剤の原液をかけてブラシでゴシゴシ。

やはり、この原始的なゴシゴシが汗だくにはなるが、眼に見えて落ちる。汚れが溶けて流れていく。この状態にしてから、スチームをかけると多少は、落ちる気がするが目に見えて落ちていくわけではない。

白いところが白になるには、やはりコンパウンドを使用。なるだけ粒子の細かいコンパウンドでこすると、眼に見えて落ちる、白くなる、そして輝く。

ならば、ピカールなら落ちるのではないかと思ったが落ちなない。メッキにはいいかもしれないが汚れにはあまり効果はない。

先日買った、KURE フォーミングエンジンクリーナーでエンジンを泡まみれにしてみる。しばらくして見てみると高い割には、あまり効果がない。安いシリコンスプレーの方がいい。

金属に付着した油汚れは、ペイント薄め液が効果あり。エンジンルームのボデイは、クリーミーなコンパウンドが効果あり。

いろいろ試してみたけれど、一番安くていつも使っている、液体洗剤で洗う、コンパウンドでこする、ペイント薄め液で油を溶かすというこの単純作業を地道にやるのが一番効果がある。※サントリーの角瓶は、酒ではありません。ペント薄め液をいれてます。私は、お酒を飲まない人になっています。

エンジンルームは、一日にならず、地道に行こう。(笑)

何となく、綺麗になった気がする。頑張ったから、ソフトクリームを食べに行った。

2021.05.22

TOYOTA トヨタ ハイラックス スポーツピックアップ 2001年式
型式 RZN-152 排気量 2000cc 最大積載量250Kg

⇒旧車ハイラックスの燃費や車検履歴

乗って楽しいけど、整備は必要なので参考にしてちょうだい。

tonotown