Sober Curious  

Sober Curious(ソバーキュリアス)46

・ゴールデンウィークは、自宅にこもる。

連休ですがどこにも行かず、家にいます。とにかく庭が好きで庭で飲むコーヒーが至福の時間です。

のんびりとコーヒーを飲みます。

最近、サボっていたギターをの練習を復活。以前、少々クラシックギターを習っておりましたが、今度はアコーステックギターに挑戦します。

少し、伴奏のコードを覚えて弾き語りをやってみたいのでギターを購入。

今までのギターは、ナイロン弦の入門編で安いギター。指にやさしくて、私はあのポロンポロンとなる音色がたまらなく好きでしたが・・・。

悩んだんですが、鉄弦になりました。(;^ω^) 練習に精をだすぞー。

お酒を飲まなくなってイライラする時もありますが、何かに夢中になる時は集中できます。これはメリットです。飲みたい気分を押さえ今は、ギター練習に励むことにします。いつかは、上手く弾き語りしてみたい。

今年のゴールデンウイークは、コロナ対策をしたうえでワイワイ賑わって活気があります。世の中は、活気があった方がいい。日本は、ここからコロナ対策をした日常の活動で少しづつ経済も回復していって欲しいし回復しなければならない。感染者の数ばかりを気にする時期を早く脱しないといけない。

今は、ウクライナの侵攻が最も気になりますが、この問題は、全世界で解決していかなければならない。早く終息を願います。

とにかく天気がいい。ゴールデンウイークの子供の日。子供の時は、お酒を飲んでいなかったが、ウヰスキーが飲みたいー。お酒を飲まなくなって753日。再飲酒しないことを願う。頑張るぞー。

裏庭のレッドロビンは移植して新しくポートワインの木を移植した。いい香りがします。ポートワインはカラタネオガタマの赤花品種で花弁の縁が赤く染まりますが、我が家のは、あまり赤くはない。花には強い芳香があり、香りがバナナに似ることから「バナナの木」とも呼ばれます。最近、バナナを食べてない。(笑)

2022.05.05

立夏 蛙始鳴(かえるはじめてなく)

カエルが鳴き始める

二十四節気とは太陽の日長変化、地球に届く太陽の光量に関わる暦です。春夏秋冬を6つに分けることで、1年を二十四に等分し、 それぞれの季節に相応しい名がつけられています。 季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。
小寒:本格的に寒くなり出す
大寒:寒さが最も嚴しくなる
立春:春になる時
雨水:雪や氷が解け、雪に変わり雨が降る
啓蟄:虫が目覚め動き出す
春分:立春から始まる春の中間点
清明:万物が清く明るく生き生きと見える
穀雨:穀物を潤す雨が降る
立夏:夏になる時
小満:気温、湿度が高まり、草木が茂る
芒種(ぼうしゅ):麦を刈り、稲を植える
夏至(げし):立夏から始まる夏の中間点
小暑:本格的に暑くなり出す
大暑:暑さの極み
立秋:秋になる時
処暑:暑さがおさまる
白露:秋めいて、白露を結ぶ
秋分:立秋から始まる秋の中間点
寒露:冷たい露を結ぶ
霜降:霜が降る
立冬:冬になる時
小雪:雪が降り出す
大雪:本格的に雪が降り出す
冬至:立冬から始まる冬の中間点

七十二候とは、さらにその二十四節気の各一気(約15日)を約5日ごとに初候、 二候、三候と3等分し、1年を七十二に分けたものをいいます。 日本には七十二候(しちじゅうにこう)という72の季節があります。 季節ごとの鳥や虫、植物、天候などの様子が72の時候の名前になっており、 約5日ごとの自然の変化を知ることで、 きめ細かな季節の移り変わりを感じることができます。

tonotown