Sober Curious  

Sober Curious(ソバーキュリアス)49

・久々の雨降り、たまの雨もいいもんだ。

雨が降るとホッとする時がある。窓から雨を眺めているだけだが、気分が休まる。心の中の何かがリセットされているのか?小休止的な感覚になる。

この時期、梅。梅と言えば梅酒。子供の頃からよく飲んでいた。未成年飲酒のだったな。親が仕込んだ梅酒を密かに飲む。子供の時から酒好きだったのかもしれない。

酒には楽しい想い出しかない。

翌日の朝を考えなければ・・・。(;^ω^)

小ぶりの瓶に梅に漬ける。

今は、お酒は入れません。単なる梅ジュースです。これに炭酸を注いで飲むのです。お酒は飲みません。今のところは・・・。

内心、飲みたい。今日でお酒をやめて785日だ。何とか頑張っている。スリップせずにここまできた。辛抱、辛抱。

梅ジュースが美味しくなるのは。6/25日が目安だ。楽しみに待とう。

雨がふると木々が喜んでいるようだ。久々に潤っている。

2022.06.06

芒種 蟷螂生(とうろうしょうず)

カマキリが生まれる

二十四節気とは太陽の日長変化、地球に届く太陽の光量に関わる暦です。春夏秋冬を6つに分けることで、1年を二十四に等分し、 それぞれの季節に相応しい名がつけられています。 季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。
小寒:本格的に寒くなり出す
大寒:寒さが最も嚴しくなる
立春:春になる時
雨水:雪や氷が解け、雪に変わり雨が降る
啓蟄:虫が目覚め動き出す
春分:立春から始まる春の中間点
清明:万物が清く明るく生き生きと見える
穀雨:穀物を潤す雨が降る
立夏:夏になる時
小満:気温、湿度が高まり、草木が茂る
芒種(ぼうしゅ):麦を刈り、稲を植える
夏至(げし):立夏から始まる夏の中間点
小暑:本格的に暑くなり出す
大暑:暑さの極み
立秋:秋になる時
処暑:暑さがおさまる
白露:秋めいて、白露を結ぶ
秋分:立秋から始まる秋の中間点
寒露:冷たい露を結ぶ
霜降:霜が降る
立冬:冬になる時
小雪:雪が降り出す
大雪:本格的に雪が降り出す
冬至:立冬から始まる冬の中間点

七十二候とは、さらにその二十四節気の各一気(約15日)を約5日ごとに初候、 二候、三候と3等分し、1年を七十二に分けたものをいいます。 日本には七十二候(しちじゅうにこう)という72の季節があります。 季節ごとの鳥や虫、植物、天候などの様子が72の時候の名前になっており、 約5日ごとの自然の変化を知ることで、 きめ細かな季節の移り変わりを感じることができます。

tonotown