pick up  Sober Curious  NEWS  

Sober Curious(ソバーキュリアス)61

・福岡にいく。

何年ぶりだろうか?2018年9月ぶりだ?

11/19日は、福岡に行くことになり、新幹線で博多まで移動。その後、天神より西鉄線で息子の家を見学。

子供が結婚し、家庭を持ち、そして家を建てた。私は、その家を見たことがなかったので、コロナも増えだした今、年末の挨拶を兼ねて行くことにした。

親バカながら子供は、立派になったもんだ。そして、二人の娘を長男夫婦は、シッカリ育てている。家庭を築き、共働きしながら立派な家を建てていた。

近くに住む次男夫婦も二人の息子をシッカリ育てていた、近い将来引っ越しを考えているようだ。

息子達の生活をみてそれなりに自立して頑張っている。俺とは、大違いだ。

夕食を兼ねて長男宅で過ごした後は、次男の車で中州に降ろしてもらった。

この夜景こそ何年ぶりだろう?10年?20年?もっとかもしれない。若いころに何度も来ていた中州。屋台のもよく行った。今は、酒を飲まなくなって、953日だ。酒を飲まずに中州を見るとは・・・。

夜景がすごく懐かしく、しばらく眺めてしまった。いろんな思いが去来した。世の中は、クリスマスモードだ。賑わっている。

夜中のラーメンは食べなくなったが、今日は特別だ、真夜中でもないし、豚骨ラーメンを食べた。やっぱり旨い。

翌日は、この懐かしい配色の西鉄大牟田線に乗り大宰府へ、学生時代の通学の電車だった。懐かしい懐かしい。

大宰府天満宮の散策をしてお約束の梅ヶ枝餅を食べる。1個130円なり。昔と味は変わらない。小学校の遠足で食べた時と同じ味だ。懐かしい。

幼少期を過ごした福岡の二日間は、懐かしかった、楽しい時間を過ごした。

じわじわと紅葉になりつつある、天気がいいこの頃だ。

2022.11.21

立冬 金盞香(きんせんかさく)

スイセンの花が咲き始める

二十四節気とは太陽の日長変化、地球に届く太陽の光量に関わる暦です。春夏秋冬を6つに分けることで、1年を二十四に等分し、 それぞれの季節に相応しい名がつけられています。 季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。
小寒:本格的に寒くなり出す
大寒:寒さが最も嚴しくなる
立春:春になる時
雨水:雪や氷が解け、雪に変わり雨が降る
啓蟄:虫が目覚め動き出す
春分:立春から始まる春の中間点
清明:万物が清く明るく生き生きと見える
穀雨:穀物を潤す雨が降る
立夏:夏になる時
小満:気温、湿度が高まり、草木が茂る
芒種(ぼうしゅ):麦を刈り、稲を植える
夏至(げし):立夏から始まる夏の中間点
小暑:本格的に暑くなり出す
大暑:暑さの極み
立秋:秋になる時
処暑:暑さがおさまる
白露:秋めいて、白露を結ぶ
秋分:立秋から始まる秋の中間点
寒露:冷たい露を結ぶ
霜降:霜が降る
立冬:冬になる時
小雪:雪が降り出す
大雪:本格的に雪が降り出す
冬至:立冬から始まる冬の中間点

七十二候とは、さらにその二十四節気の各一気(約15日)を約5日ごとに初候、 二候、三候と3等分し、1年を七十二に分けたものをいいます。 日本には七十二候(しちじゅうにこう)という72の季節があります。 季節ごとの鳥や虫、植物、天候などの様子が72の時候の名前になっており、 約5日ごとの自然の変化を知ることで、 きめ細かな季節の移り変わりを感じることができます。

tonotown