Sober Curious  

Sober Curious(ソバーキュリアス)

・今日、お酒をやめて127日経過しました。

「Sober Curious(ソバーキュリアス)」
お酒を飲めないのではなく、お酒をあえて飲まない人。このソバーキュリアスが、海外にとどまらず、日本でも増えているそうです。

時代も変わってきましたね。確かに、今の時代タバコは、完全に害です。文化だと思いますが、百害あって一利なしの完全に悪者扱いですね。禁煙エリアは、どんどん増えていき、喫煙者は、非常に厳しい環境です。健康との因果関係も明確で、副流煙により周りの人にも迷惑をかけます。

その為、タバコをやめる人も増えてます。と同時にやめやすい環境も社会全体で整ってきています。

しかし、お酒はどうでしょうか?

百薬の長ともいわれ、少量なら健康増進的なイメージもあり、コミュニケーションツールとしても受けいられています。食事に合うお酒として自然、自然に入り込んできます。お酒も文化です。いろんな場面、儀式でも使われます。どちらかといういとタバコよりはかなり良い印象があります。

実は、約40年の飲酒生活をしていた私です。
問題を起こしたことはありません。そして体を害したことも今のところないのです。大酒飲みでした。

そのまま、飲み続けるパターンでしたが、精神的にも疲れ、お酒に支配される事が嫌で飲まない人を目指しています。

過去、何度か断酒に挑戦しましたが失敗に終わりました。

病院にて断酒を進められたり、過去に一度、断酒会に連絡を取ったり、
それでも、お酒と離れることができなかった私です。

毎日、毎日飲み続け、そんな私が、ここまできました。

アルコールの害については、多くの方がブログなどで語っています。
その動機や理由については、あえてここでは、語りませんが、今は、再飲酒しないことを目指しています。

お酒も薬物です。人によっては人生を狂わせます。

今は、お酒を飲まず、精神的に楽です。前向きになり時間が増えました。

酔わない分時間ができます。
ギターの弦を張り替える、そんなことが幸せに思える
自分になりました。

2020.08.17

立秋 寒蝉鳴(かんせんなく)

ヒグラシが鳴き始める

二十四節気とは太陽の日長変化、地球に届く太陽の光量に関わる暦です。春夏秋冬を6つに分けることで、1年を二十四に等分し、 それぞれの季節に相応しい名がつけられています。 季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。
小寒:本格的に寒くなり出す
大寒:寒さが最も嚴しくなる
立春:春になる時
雨水:雪や氷が解け、雪に変わり雨が降る
啓蟄:虫が目覚め動き出す
春分:立春から始まる春の中間点
清明:万物が清く明るく生き生きと見える
穀雨:穀物を潤す雨が降る
立夏:夏になる時
小満:気温、湿度が高まり、草木が茂る
芒種(ぼうしゅ):麦を刈り、稲を植える
夏至(げし):立夏から始まる夏の中間点
小暑:本格的に暑くなり出す
大暑:暑さの極み
立秋:秋になる時
処暑:暑さがおさまる
白露:秋めいて、白露を結ぶ
秋分:立秋から始まる秋の中間点
寒露:冷たい露を結ぶ
霜降:霜が降る
立冬:冬になる時
小雪:雪が降り出す
大雪:本格的に雪が降り出す
冬至:立冬から始まる冬の中間点

七十二候とは、さらにその二十四節気の各一気(約15日)を約5日ごとに初候、 二候、三候と3等分し、1年を七十二に分けたものをいいます。 日本には七十二候(しちじゅうにこう)という72の季節があります。 季節ごとの鳥や虫、植物、天候などの様子が72の時候の名前になっており、 約5日ごとの自然の変化を知ることで、 きめ細かな季節の移り変わりを感じることができます。

tonotown