Sober Curious  

Sober Curious(ソバーキュリアス)18

・最大のピンチ。一難去ってまた一難。

気分転換にいく焼き鳥さん。焼き鳥大好きの私には、至福の時です。いつものように一人、片隅で食べていると、ガラガラとドアが開き。

よく見ると知り合いの二人組。

席もあいていたので隣にすわり楽しい会話で、知人は日本酒を、美味しそうに飲んでいます。見るからに美味しそう。う~ん。飲みたい。

我慢、辛抱、我慢、辛抱。

熱燗が焼き鳥と完全にマッチしている。なるだけ見ないようにしてひたすらノンアルコールビールに走る。

やれやれ、時間もたったので久しぶりにもう、一軒。

カウンターで楽しい時間をすごしていると、ワインでもどうですか?デキャンタされたお客さんの持ち込みの赤ワインがでてきました。

『私は、飲みませんから、大丈夫です。』と言ったものの・・・。

ワインを眺めていると、その香りのいいこと。

う~ん。飲んだらあかん。飲んだら負けや、飲んだら乗るな。など訳わからんこと言いながら、いい香りを嗅ぐ。

赤ワインの豊潤な香り、これは高いワインに違いない。聞いてみるとブルゴーニュだ。

『ちょっとテイスティングしていいですか?』と言っちゃった。

ほんの一舐めしてみると、美味い、たまらなく美味しい。しかし、これはテイステイングだ飲んだらあかん。飲んだら負けや。

『このワイン高かったでしょう。』と言いながら、我慢。辛抱。我慢。負け惜しみや。

酒を今日から飲み始めてもいいのではないか?一年近くよく頑張ったという悪魔の囁きが耳元に流れだし、危うく、ごくごくと飲み始めるところだったのです。

一難去った。

それから、間もなくすると今度は、別のお客さんが、突然来店。

『俺、あしたら転勤なんだ、最後の夜だから美味しいウヰスキーをみなで飲もうよ~っ。』となにやら高そうな箱からブルーレーベルだのグリーンレーベルだの言いだしてウヰスキーのボトル開けた。

グラスにトクトクトクと注がれる。

あ~、あ~、あ~、香りがスゴイ。しかし、我慢、辛抱、我慢。飲みてぇ~。何の為に酒飲まなくなったんだ。おいらは~。

飲んだら負けや。我慢。絶対飲まん。

しかし、次の瞬間、『テイステイングよろしいですか?』そして、一舐めすると、これは、うめぇ~。ごくごく飲みたい。欲しい。

耐えに耐えた夜だった。二度の危機を乗り越えた自分が誇らしい。

テイステイングという技を身に着けた私でした。(笑)

2020.02.21

雨水 土脈潤起(つちのしょううるおいおこる)

土が雨で湿り気を帯びる

二十四節気とは太陽の日長変化、地球に届く太陽の光量に関わる暦です。春夏秋冬を6つに分けることで、1年を二十四に等分し、 それぞれの季節に相応しい名がつけられています。 季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。
小寒:本格的に寒くなり出す
大寒:寒さが最も嚴しくなる
立春:春になる時
雨水:雪や氷が解け、雪に変わり雨が降る
啓蟄:虫が目覚め動き出す
春分:立春から始まる春の中間点
清明:万物が清く明るく生き生きと見える
穀雨:穀物を潤す雨が降る
立夏:夏になる時
小満:気温、湿度が高まり、草木が茂る
芒種(ぼうしゅ):麦を刈り、稲を植える
夏至(げし):立夏から始まる夏の中間点
小暑:本格的に暑くなり出す
大暑:暑さの極み
立秋:秋になる時
処暑:暑さがおさまる
白露:秋めいて、白露を結ぶ
秋分:立秋から始まる秋の中間点
寒露:冷たい露を結ぶ
霜降:霜が降る
立冬:冬になる時
小雪:雪が降り出す
大雪:本格的に雪が降り出す
冬至:立冬から始まる冬の中間点

七十二候とは、さらにその二十四節気の各一気(約15日)を約5日ごとに初候、 二候、三候と3等分し、1年を七十二に分けたものをいいます。 日本には七十二候(しちじゅうにこう)という72の季節があります。 季節ごとの鳥や虫、植物、天候などの様子が72の時候の名前になっており、 約5日ごとの自然の変化を知ることで、 きめ細かな季節の移り変わりを感じることができます。

tonotown