Sober Curious  

Sober Curious(ソバーキュリアス)4

・最高だなー。

冷蔵庫を開けるとよく冷えた日本酒の緑の瓶が見える。うっすらと汗をかいたようによく冷えた日本酒です。まだ栓を抜いていません。う~ンと唸りながらおつまみをさがす。さきイカがあるではないか。美味しそう。

左手で日本酒の瓶を持って右手でキリキリとボトルキャップを開ける。今日は、思いっきり飲もう、ぐい飲みではなく、どんぶり茶碗だ。上品にトクトクトクとそそぐのではなく、ドクドクと流し込む。右手で茶碗の端をつかんで思いっきり冷たい酒を流し込む。寝起きだから胃腸がびっくりして、キューッと胃にしみ渡る。胃が焼けて気持ちいい。体にアルコールが回る。

『一体俺は、朝から何をしているんだ。』とここで目が覚める。

夢でした。2日ほど前に見た夢です。夢で良かった。夢の中でも後悔しながら飲んでいた。

今日でお酒を飲まなくなって155日。自分では、意識してないようでもどこかでお酒を渇望しているのかもしれません。スリップせずに頑張ろう。意識せずに。

空は、もう秋、気持ちがいい。

2020.09.14

白露 鶺鴒鳴(せきれいなく)

セキレイが鳴き始める

二十四節気とは太陽の日長変化、地球に届く太陽の光量に関わる暦です。春夏秋冬を6つに分けることで、1年を二十四に等分し、 それぞれの季節に相応しい名がつけられています。 季節の訪れを一歩先んじて察知することができ、農耕作業をすすめるためには今も欠かすことのできない暦です。
小寒:本格的に寒くなり出す
大寒:寒さが最も嚴しくなる
立春:春になる時
雨水:雪や氷が解け、雪に変わり雨が降る
啓蟄:虫が目覚め動き出す
春分:立春から始まる春の中間点
清明:万物が清く明るく生き生きと見える
穀雨:穀物を潤す雨が降る
立夏:夏になる時
小満:気温、湿度が高まり、草木が茂る
芒種(ぼうしゅ):麦を刈り、稲を植える
夏至(げし):立夏から始まる夏の中間点
小暑:本格的に暑くなり出す
大暑:暑さの極み
立秋:秋になる時
処暑:暑さがおさまる
白露:秋めいて、白露を結ぶ
秋分:立秋から始まる秋の中間点
寒露:冷たい露を結ぶ
霜降:霜が降る
立冬:冬になる時
小雪:雪が降り出す
大雪:本格的に雪が降り出す
冬至:立冬から始まる冬の中間点

七十二候とは、さらにその二十四節気の各一気(約15日)を約5日ごとに初候、 二候、三候と3等分し、1年を七十二に分けたものをいいます。 日本には七十二候(しちじゅうにこう)という72の季節があります。 季節ごとの鳥や虫、植物、天候などの様子が72の時候の名前になっており、 約5日ごとの自然の変化を知ることで、 きめ細かな季節の移り変わりを感じることができます。

tonotown