Garden work

増やしまくれグランドカバー

・ヤケになっているわけではない。

天気がいいとついつい庭に出てしまう。植えこんできたグランドカバーだが、まだまだ、植えこむスペースがある。

気が付くと・・・。

園芸店にいるのである。(笑) 花より団子ではなく、私は団子より花である。(;^ω^) 植物が何故か癒されるのである。土のにおいが更なる癒しになる。

追加しても追加しても何故か園芸店のようにはならない。植えても植えても吸い込まれてしまう。ブラックホールだ。これから雨が降って少しはボリュームが出てきて賑わうかもしれない。しばし待ちましょう。

イメージ的にはイングリッシュガーデンを想像しているがほど遠いのかもしれない。

連続4週間いろんなものを買って植えこんでいる。お小遣いは、もうにゃい。(;^ω^)

 

裏のメープルも葉が茂ってきた、一枚一枚が大きい。やがて木陰ができるだろうか?楽しみだ。

2022.04.29



またまた、グランドカバーの追加。

・陽気のせいなのか、園芸店にすぐに行ってしまう。

ここ数日、天気がいい日が続いた。庭にいても気持ちがいい。庭を観ているともう少し賑わいが欲しくなる。もっと早く、大きく直物が育たないものか?液肥をあげたり土をいじくったりしている。

計画的に植えればいいのだろうが、今は、ただ植えまくっている。(笑)

繁殖力の強いグランドカバーや大きくなるようなタイプもあるだろうがまずは、植えてまたバランスをみて植え替えてみよう。

天気もいいし、気分もいい、また、買いにいってしまった。(;^ω^) お小遣いは使い果たしたかもしれない。(笑)

連続3週間いろんなものを買って植えこんでいる。並べてみる多いように見えるが植えてみるとどこに植えたかわからないほどに馴染んでしまう。植えても植えても吸い込まれてしまう。

だいぶ賑わいがでてきた。このまま大きくなればそれなりになりそうだが・・・。よく面倒を見ないと気が付いたら枯れていることもあるのでシッカリ水やりと元気な状態かを日々確認。

賑わいが出るまでもう少し。頑張ろう。

ハクサンボクも満開から散り初め、夏に向けての移り変わりを見せている。

緑が茂りだし木陰もできるようになりだした。

2022.04.24



グランドカバーの追加。

・またまた買ってしまったグランドカバー。

春は、なんだかウキウキしてしまう。庭木も嬉しそうで増やしたはずのグランドカバーもまだまだ増やしたい。ガーデミングは、時間がかかる。その年のタイミングを外せば、来年になり、気がつくとすぐに2~3年が過ぎる。

たくさん買ったつもりでも置いてみると少ない。そして植えるとさらに少なく感じてしまう。(;^ω^)

ハナミズキのピンクが咲いた。今年はようやく花が付き始めた。いつも動かしたり切り込んでいたので今年は、何もせずにしっかり伸ばしたい。

気が付けばノムラモミジもすっかり開いた。

アオダモの白い花がついた一年は、本当に早い。

だいぶ植え込んだつもりだが、全然増えた感じがしない。(;^ω^) このままいくとお小遣いは、完全に枯渇する。茂るのをじっくりまとう。庭仕事は気持ちがいい。成長も楽しく手入れも楽しい。陽気で早く成長してほしい。

一段と緑が茂ってきている。息づいている庭は美しい。

2022.04.16



賑わいを出すグランドカバーの追加。

・ついつい買ってしまうグランドカバー。

季節は、桜の花も散りすっかりポカポカの春です。ここのところ天気がいい。レッドロビンも芽吹きだし、庭の花も咲きだしている今日この頃です。

名前の札がどこかにいってしまった白い花。名前はわからなくなったが可憐な花だ。(笑)

トキワマンサクの白い花もいい。

トキワマンサクの赤も綺麗だ。

我家は、刈り込まずなるだけ自然な感じで咲いているのがいい。

常緑性 ドウダンツツジ ピンクシャンデリアも咲いている。花の形が可愛い。

山ツツジも満開だ。

そして、陽気につられてまた買い込んでしまったバークとグランドカバー、ついつい買ってしまう。少しずつ庭の隙間に植えています。時々、忘れて同じものを買ってしまう。(;^ω^) ボケだな。

あたらしく、できたベンチに座り庭を眺めたい。ただそれだけの事だが結構癒される。思い出せば、母親が元気な時は、いつも草取りをしていたのを覚えている。せっせと草取りに剪定。いつもハサミをもち休むことなく庭にいた。決してガーデニングというレベルではないが、貧乏性なのかいつも動いていた。自分も似たのかもしれない。只々、動き回り草取りや選定を繰り返す。(笑)

少しずつ植えこんで雰囲気がでてきた。ボリュームを出すためにスペースに少しずつ植えていくのがいいのかもしれない。庭仕事は、楽しい。

 

 ポカポカ陽気で葉っぱがでてきて、新緑で勢いが出るのもになるのももうじきだ。

2022.04.10



落葉のかた付けとバークチップの追加

・少なくなったチップを買い足し。

落葉を送風機で飛ばし、掃除したら今度はバークチップを寄せる。

性格的な問題なのでしょうか、ふるいをかけてとにかく綺麗にする。(笑) 普通は上から新しいバークチップをまくだけなのでしょうが・・・。初めから綺麗にしないと気が済まない。

土も少し削って整える。

土いじりをしていると鳥が飛んでくる事が多い。鶯の登場。土の中の虫を狙っているのか、やってきた。2羽が楽しそうにじゃれ合っている。

水を撒いてこの状態でバークチップを買いに行く。!(^^)!

やってしまった。バークチップだけのつもりが、下草をドカドカ箱に入れ、観葉植物と鉢植えのユーカリまで買ってしまった。(;^ω^) 嗚呼、出費が多い。

大き目の一袋をまく。

古いのチップと混ぜ合わせて完了。

買ってきた下草を植えていこう。

少しずつ増やしていこう。、春先が楽しみだ。

観葉植物も増えてしまった。(;^ω^)

朝の気温は、2℃だったが、風もなく天気よくて、体を動かすと暖かく、楽しい庭仕事だった。

2022.02.18



裏庭のドングリを植え替え。

・裏庭をにぎやか計画の追加。

にぎやかになってきた裏庭。更にドングリの木を植えこみます。ドングリは大きくなるので考えましたが、大きく茂る葉が個人的には好きなので植えこんでみます。後で切る事になるかもしれませんが、紅葉の時期は、黄色くなるドングリの葉も好きなのでここは、決断しました。

ドングリの木

シッカリ植え込みました。三回目の植え替えです。(;^ω^) なぜが、ドングリの木は、元気なので何度も植え替えてしまいました。いい加減で定着させましょう。

今日は、天気もいいし、紅葉の剪定もついでに行います。昨年は、ほとんど手を付けず枝を伸ばすことにしていたので今年は、少し刈り込みます。

紅葉剪定

春に向けて庭の木の小剪定を行っています。いらない枝を取り除きます。

トイの掃除 溝掃除

全くやっていなかった雨どいの掃除。何故か急にやりだした。そして、町内清掃でもないのについでに溝掃除も行います。(笑) だんだん気分が乗ってきました。

庭掃除は、気持ちがいい。

名札 ヒューケラ

去年の春先にたくさん植えこんだ花やハーブも枯れたり越冬できなかったりして半分になりました。名前だけが残っています。植えてからシッカリ水やりしても環境に適さないものは枯れてしまいます。生存率は、100%ではありませんね。自分の手入れにも問題がありそうです。反省。

コーヒータイム

庭仕事の合間に飲むコーヒーが、最高の癒しです。幸せを感じる時間です。早く春が来て欲しいと願います。

表庭 裏庭

裏庭にドングリの木が加わった。今度は下草を増やそう。

2022.02.11



ハイノキの植え替え。

・裏庭をにぎやか計画。

石塀の裏でひっそりと育っているハイノキ。半日影がいいといわれて少し日当たりの悪いところに植え返したら元気になり今度は隣の常緑エゴの木と干渉しだしたので植え替え。

少々の西日があたるかもしれませんが、伸び伸び育つところがいいので植え替えを決定。

いつも通りの植え込みを行いしっかり根ずくことを願う。選定はあまり必要としないようだが、広がるように剪定。もっと緑が濃くなるように育ってほしい。

 

裏庭が少しでも賑やかになるように植え込みを増やしていきます。

 

晴天になりそうだ、気持ちがいい。空気がつめたくて外ではマスクを外して深呼吸。

庭は、元気だ~。

2022.01.21



ニシキギの植え替え。

・密になっていたので植え替え

前々から気になっていたニシキギを植え替えます。紅葉が見事で良く育つので、玄関前から裏に移します。玄関先は、気が付いたら密になっていて根っこ同士が近くなっていたので裏で伸び伸びと育ててみようと思います。

ついでに鉢で植えていたアオキとオリーブも植え替え。

シッカリと寒肥をあたえ、バークを混ぜてベラポンで保水と水はけを考えてやったつもりです。

今度は、裏庭が少し賑やかになってくれてら癒されます。春までに下草を植えこんでいきます。

我家の蝋梅(ロウバイ)が咲きました。植え替えばかりしたり、剪定がいい加減ですが、毎年一番乗りで咲いてくれます。今年は、綺麗に剪定しよう。(;^ω^)

庭は、冬の佇まい。寒い~。

2022.01.18



庭の刈り込み。ドングリの剪定。

・気が付いたらおおきくなっていく。

少しずつだが、ふと見てみると随意分大きくなったドングリの木、最初は株立ちだったが、切ったので2本立ちになり、そしてまた伸びてきてもう一本は、3本立ちになっている。目隠しになり日よけになり、我が家のシンボルツリーとして頑張っているどんぐりの木。

上にも伸びるし、根も張っていくがいつも眺めるとホッとする。

この時期は、ドングリ、コロコロと歌のように実をころがし、葉も色づいて子供の頃からの秋を連想させる。落ち葉も増え始め、もうすぐ寒い冬の到来だ。

手の届くところは、いつも切っているが最上部は届かずこの時期にいつも脚立にのって剪定する。大きくなるとハサミではなく、ノコギリだ。脚立にのってふらふらしながらノコギリを使うのは、だんだん怖くなってきたが、頑張るしかない。(;^ω^)

少しだけの選定のつもりがついつい切ってしまう。アッという間に山になる。今日は、暖かい剪定して掃除をすると気持ちがいい。新鮮な気持ちになる。

暫くやめていたコーヒーだが、部屋ができてここで飲む一杯は、最高だ。ナッツとストーブと一杯のコーヒー。幸せを感じる時間だ。

穏やかに時間が過ぎて気持ちが安らぐ。

休憩の後は、もうひと頑張りしよう。

モミジの紅葉も近い。

2021.11.21



ツワブキって花が咲くんだ?

・黄色の花が咲くなんて知らなかった。

11月になり、「今年も残り少なくなったなーっ。」、なんて思いながら庭を見ると黄色い花が、咲いている。

何だろうこの花は?

アイビーの後ろに植えた植物は何だったっけ?

一緒に植えていた商品説明の札を引っこ抜いて確認。

ツワブキ。

説明を読んでみると、花期は、10から11月。なるほど、それで咲いていたのか?知らなかった。今年植えたので全然知らなかった。

興味を持って調べてみると、ツワブキ(石蕗)

花言葉は、謙譲、謙遜、困難に負けない等、

科・属名 ヒキク科・ツワブキ属
英 名 Leopard plant Green leopard plant
原産地 日本、朝鮮半島、中国
開花期 10~12月
花の色 黄、白、オレンジ

そして、最後に驚いたのですが、

食べることができるそうです。

食べ方は、”つわぶき 食べ方” で検索して下さい。

私は、今、食べようという気持ちにはなれませんので詳細は、省きます。(笑)

2021.11.08



ポートワインを植える?

・ワインの実がなる木では、ありません。

秘密基地の窓際に木を植えるために、行きつけの植木屋さんにいきました。夏も終わりこれから木々も色づく頃ですが、探しているのは常緑です。

トネリコにレッドロビンに黄金マサキもすでに植えておりますので新しい木がないかさがしています。

高さは、1.8メートルぐらいです。

このクラスになると金額も種類によってはお高くなります。

植木屋のオジサンにポートワインをすすめられ、酒飲みだった私は、何かワインの香りでもするのかと思い買ってしまいました。

1万円を超えてしまって、少々焦りもありましたが・・・。(;^ω^)

早速、ハイラックスの荷台に乗せます。よく働きます。旧型ハイラックス。新型には気持ちだけは負けませんぞ。 (笑)

根っこ切ってるから小さく刈り込めよー。枯れるぞー。」ってオジサンに言われて相当刈り込みました。毎度、無茶を言うオジサン。

窓からも眺めながら動かし、動かしようやく終了。

調べてみるとポートワインは、【カラタネオガタマ】と言うらしい。別名が、ポートワイン。赤い花を咲かせるみたいだ。赤ワイン色なのか?

カラタネオガタマは、名前のとおり唐=中国の南部を原産とするモクレンの仲間で、江戸時代~明治初期に日本へ渡来。あちゃらの国からきている。モクレンの仲間には、見えない。

オガタマは「招霊(オキタマ)」が転訛(てんか)したもので、かつては神の依代(よりしろ)として寺社を中心に植栽されたが、大きくならず管理しやすいため、次第に一般家庭でも使われるようになったらしいが、我家は、神が宿るような家ではにゃい。

カラタネオガタマの方が枝葉が密で、花付きも良いのが嬉しい。お隣からは秘密基地が覗き込めないでしょう。

また、ひとつ花が咲く楽しみが増えた。

残りの人生を楽しもう。

2021.10.04



今年の冬は、寒いのか?

・9月に入って少し気温が下がりました。

過ごしやすい秋が長く続けばいいのですが、最近は、台風が激しくなり、すぐに寒くなります。我が家の暖房は、電気と一台の石油ストーブです。

石油ストーブは、環境にとって、どうなのか?いいような悪いような、突き詰めると化石燃料を使っているので悩ましいのですが・・・。

我家の使用目的は、災害時に対処するようにしております。停電時に暖を取ったり、お湯を沸かす一時的な使用を想定しています。

今年は、それに付け加え、ハクキンカイロを2個購入しました。(笑)

なるだけ消費電力を使わずにポケット忍ばせ、家の中では、パーカーを着ておこうと考えております。消費を減らすことが、目的です。

今の時代に火を使うのは、どうかと思いますが、これはこれで役に立つと考えております。最近は、灯油で使用できるランプもいくつかおいております。

自然災害が、増加している今日この頃、いろんな意味で自分の身は、自分で守れとTVでもよく言われています。

備えあれば憂いなしです。

今起きている、気候変動も人類が招き寄せた可能性高いです。最近は、環境について、よく考えさせられます。

人類は、地球を破壊して火星に行くのか?本当にSF映画の世界が、現実のものとなりましたね。

2021.09.04



グラインダーの修理

・断捨離と修理の繰り返し

最近の日課は、とにかく断捨離。

いらないないものは、捨てるというより適正に処分。分別したり分解したりして資源として使える物はキチンと分ける。

道具に関しても点検して使える物は使う、使う頻度がないものは、メルカリにだしたり誰かに譲る。道具も一応、修理できるものは修理する。

そこで、分解・掃除したグラインダー、ネジを一本ナメテしまい、取れなくなりました。ペンチで何とか、ネジを外して、新しいネジを入れましたが、バネが取れないためバネを購入しました。

この小さなバネ、ホームセンターで購入しましたら5円です。

5円ですぞ。

そして、レジで並び5円のバネをクレジットカードで決済した時、

まさに、その時、

店員さん 「一括払いでよろしいでしょうか?」

一瞬、時空がとまりましたが・・・。

私は、「一括でお願いします。」と伝えました。

バネのお話でした。

2021.07.25



会所桝に石のふたDIY

・前々から気になっていた。

このコロナ過、とにかく連続のDIYです。休みという休みは、自分の気になっていたところ不便なところを徹底的に修繕する日々です。人に会うこともできず、断捨離も進んだところであとできる事は、徹底的に修繕からのバージョンアップです。

この会所桝ももともとは、石にふたを乗せていましたが、見た感じがジャストフィットしていないの一旦壊しました。とにかくすぐに壊す。気に入らないと壊す。これは、性格です。(笑)

何もここまですす必要はないでしょう。そうです。本当は必要ありません。

通常は、この状態です。コンクリート製で別に問題はないのですが、突然人工物があるみたいで気になります。何とかいい方法はないものかと考え、もう一枚ふたをかぶせる事にしました。

まずは、薄い石材で4方向を囲み、セメントで固める。内側の四角の寸法を測る。

石を探してきては、寸法を入れてオンボロ機械にセット。

4辺を綺麗にカットする。

ついでにオンボロの穴あけの機械でセンターに穴あけ。ふたを用意。

周りに石を割ってちりばめて、隙間を合わせます。

ちりばめたら、セメントを詰めて最後に拭きあげたら完成です。

長い事気になっていた会所桝の工事が終わり、整理がついた。コロナ過、できる事を淡々と進めてきた。とにかくこのコロナが、早く終息することを願っています。

2021.05.14

 



木製門扉前の石張りDIY

・あっちもこっちも修繕。

長年住んでいますとやっぱり修繕箇所が増えてきます。別に日常生活に支障があるわけではありませんが、自分自身が気になるところを体力があるうちに進めています。完成写真は、ご覧の通り。

ポストの前とついでにホースの下は、固まるカラーコンクリートで仕上げ。

もともと積み上げてある石がありまして、どこかに再利用を考えていたところです。どうしても捨てきれない性格の為どこかで利用してやろうという考えが、根底にあります。(笑)

この積まれた石も、⇒裏庭リフォーム計画 で処分したものです。せっせと作っていた通路をまた壊していたのですが、石は、何度でも再利用ができます。腐ることはありません。我ながらよく壊す。

ポスト前の雑草対策の為に石張りをします。ここまでしなくてもいいような気もしますが・・・。

道具を準備したら、せっせとセメントをこねて、同じ厚みの板を挟んで等間隔にならべます。位置を決めてバランス調整。簡単な石張りでもとりあえず、石材カッターや水平器など、一応の道具がいる。時間がかかりますわ。そしてかがみこんで膝をついてやっていたら、アタタタッ、腰が痛い。ボチボチと行こう。

キレイに並べて後は、目地を仕上げます。

ついでにもう少し手前のところも雑草対策。一度しておくと当分の間は、何もしなくていいはずです。

老後に向けて着々とDIYにて自分の家をメンテナンス。いつまでやれるかわかりませんが、頑張ろう。人生は長いのかも?(笑)

今日も庭は、息づいている。

2021.04.27



モミジ テイラーの鉢植え

 

モミジ テイラーとかいうこのモミジ。2005年にイギリスで初めて発表されたらしく、ネットでは、今でも入手が難しいモミジらしいです。ですがホームセンターで簡単に入手しました。(笑) 誰でも買えるんじゃないですか?

モミジ テイラーは、美しいですぞ。

確かにピンクのモミジであることには、間違いありません。説明書きにも矮性タイプで10年ほどかけて成長は200cn程度なので、鉢植えでも楽しむことができますと書いてありました。タイプは、耐寒性落葉低木 観賞期:5月~11月 樹高:100~200cm 日照:日向 らしい。

最初は、地植えしていたんですが、希少?と知ったので鉢植えしてみました。(笑) まずは、ジックリと鉢で育ててみてから地植えしてみることに。

庭にピンクの葉が入ると紅葉時は、少しアクセントになるかもしれません。楽しみです。陽気が続き庭木も元気です。園芸店でずいぶん買い込んできては、植えこんでいます。多年草やら宿根やら低木やらいろいろとパターンを変えて増やしてみて夏を過ぎて、越冬して残るのはどれくらいあるのかを試しています。

庭がにぎやかになっていくのが、楽しみです。

2021.04.25



plant standのリメイク完成。

・庭での作業台の作り直し。

まずは、完成写真、からどうぞ。(笑)

作業するのにとても便利な台でしたが、表と裏庭を動かして使うことになり、大きすぎるので小さくする事にしました。作る時は、大は、小を兼ねるということでなるだけ大きく作り、モノを広げても効率よく作業もできたんですが・・・。動かすには、デカすぎた。DIYあるある。

⇒必死に作っている様子。

よーし、小さくするぞー。設計図もないままに、分解。

ビスを緩めて得意の分解。分解は、素早い。

この辺であれー?どこをどうすんだったっけ?勢いだけで進んできた。

日が暮れてしまった。おまけに、テーブル板を間違って短く切ってしまい、意気消沈ならびに疲労と空腹。

翌朝は8時前から猛ダッシュ。昼からは、出かけないといかない。

大きさだけは、何とかひと段落。後は、使いながら考えよう。

そして動かしながら、使ってみると、なんか楽しくない。もう少し雰囲気が欲しい。

日よけのシェードを買って、麻縄で結ぶ。虫よけのためにネットを張る。なんとなくそれらしくなってきたぞー。

虫対策のキンチョールは、必須。(笑) 温度計で熱中症予防。

小さくなってキャスター付きですから、移動はラクラクです。

2021.04.20

殿~っ。知る人ぞ知る。殿シャツです。2011年より販売されている、お殿様のエンブレムです。『殿シャツ』には、不思議なチカラがございます。 クールなんですが、面白く、遊び心もございます。そして、何より人を和ますチカラがあるのです。私は、そのチカラを信じて、この倉敷の地から全国にお届けしております。

サイドメニューのTONO shirt product からカートを進めていただきますと、TONOTOWN公式サイトにご案内いたします。

since2011~ 殿シャツの公式販売店 ⇒TONOTOWN 

 

 

 



木製門扉の改造

・最近疲れがとれません。

仕事で肉体労働が続く今日、この頃。非常に疲れています。加齢によるものだと自分では、納得していますがとにかく眠たい。しかし、夜になると眠れない。睡眠の質が悪いのでしょうか?専門家に聞きたい。(笑)

やたらと、金具が多い我家の木製扉。(笑)

作業台の出し入れが多くなりだして、DIYしていた門扉の開閉を逆にしないと便利が悪いということになり早速、作業です。

押すと開くというシンプルでありがちなドアです。今思えばよく作ったなぁ。

今度は扉を引くことになります。簡単に考えていましたが引くとなると両端の木の飛び出しが当たり開閉できない為すべて切断する事となります。一ついじくるとすべていじくる事に。”DIYあるある”です。

すべて切断。最初から引き戸にするべきだったなー。後の祭り。

扉を合わせています。ホースがぐちゃぐちゃ。後で修繕します。

扉の開閉が逆になれば、丁番も逆になるので付け直しになります。

アシスタントなしなので、一人でこの作業が一番面倒です。踏み台を利用して位置をきめて取り付けます。結構ずれるんですよー。

ニス塗りを残して完了。

そして、ついに、前々から、気になっていたぐちゃぐちゃーホースを収納したい。

いつも、いつもこのようにキレイに戻すことはありません。性格的に無理です。

板を一枚取り外し、基礎に埋め込んでいたアンカーに角材を取り付ける作戦。

ビスで固定してホースを巻く板を出します。

補強してホースをグルグルと巻いて終わり。無精者の私には、ちょうど良いでしょう。ホースがぐちゃぐちゃのストレスから解放。

後日、地面にを綺麗に固まる土で施工

⇒仕上がってスッキリ

 

2021.04.17

 

 

 

 



アオダモが咲く。植え替え成功。

・アオダモの株立ちが咲きました。

先日植え替えしたので大丈夫かと心配していましたが、無事に咲きました。細い枝からフワフワとした白い花。毎日眺めています。土壌改良してシッカリと植え込みをしたのが良かったのかも。まずは、安心。

アオダモの花言葉は、「幸福な日々」、「未来への憧れ」です。アオダモは樹皮がつるつるして美しいです。花期になると真っ白な美しい花をさかせてくれます。木の肌がトネリコにも似ているなと思ったら、アオダモは、モクセイ科トネリコ属だそうです。だから、肌が似ているのか?納得。(笑)

植え替えの様子。

2021.04.04



トキワマンサクの開花。

・赤もいいけど白もいい。

ワインの話ではありません。花の話です。我が家のトキワマンサク。やっとでキレイに咲くのを見ました。とにかく植え替えばかりする為、落ち着いてみたことがないのです。

納得がいくまであの木をここに、ここの木をあそこにと動かす。たいした庭ではないが、自分なりになっとくだけはしたい。

話は、それましたが、白も赤も美しい。通常は植栽などで植えてありますが、この木は大きくもなります。3メートル越えの木を見たことがあります。それはそれで絵になります。赤を入り口に植え、白を別の場所に植えみました。花もちも長くていいです。

春です。いろいろ開花してきて楽しいです。山ツツジも咲きました。天気がいい時は、余計な事を考えず、庭いじりをするとあっという間に一日が過ぎていきます。コロナ過も忘れ没頭しています。

2021.04.03

 



庭用の道具箱。

・キャスター変更の道具箱

庭のゴミ箱用として使っていたが、最近、庭の手入れの度に道具が増えてくる。以前、DIYで作ったゴミ箱。便利で自分としては満足していたが、道具が増えだし、持ち運びに手を裂かれれてしまう。最初は、ゴミ箱だけでよかったのだが、ガーデニングも剪定ばさみが必要になり、スコップがいる、ふるいもホウキも必要となりどんどん道具が増えていく。

もう、ゴミ箱になんでもつけてしまえ。(笑)

まずは、キャスターを大きく変更して移動しやすくします。

後は、道具を全部引っ張り出して、収納と移動可能な状態にしちゃえ。

すべての道具を右と左に取り付けて、後は、肥料やふるいを運べるように改造、これで作業が楽になるはずだ。時間も短縮できるはず。頑張ってみよう。

これを、ゴロゴロと押していると新幹線の移動販売員になった気がします。コーヒーやサンドイッチもついでに運ぶか?(笑)
気候もいい中、気になるのが、我家のバルカンレッド。植えてたけど、いまだに変化なし。そろそろ芽吹いてもいいころだが、反応なし。

植え方は、間違えてないはず。ただ植えるだけ。時期が違うのか?モクレンの紫は、どこも咲きほこっていたが、モクレン バルカンは、変化なし?とりあえず待ってみよう。

2021.03.31

 

 



買いこんで植える。

・園芸店によく通い助手席には、ハーブや花。

春らしくなり花を買っては植えています。園芸店に行くとついつい買ってしまいます。花の魔力はスゴイ。(笑)

自分の庭がお花畑になる錯覚を起こすのです。実際には少々植えても全く足りないので追加していかないとボリュームは出ません。そうしているうちに園芸店に通うようになるのです。

花の名前は、一切覚えておりません。覚えきれません。(笑)

一年草、多年草、宿根草と花もいろいろあります。なるだけ多年草や宿根草を選んでしまいます。その中でも常緑の低木を今は増やしています。冬になると庭が何となく寂しくなるので常緑の低木をポイント的に増やす作戦です。

一年草より、多年草や宿根草の方が得した感じがするのですが、ガーデナーに言わせると一年草は、種が落ちるので苗を買わなくて済むそうです。無限にお花が栽培可能らしい。

数年前にも花にハマって相当買い込みましたが、今は、すべて残っていません。今考えるとガチガチの土の上に植えていたようです。最近は、ようやく土壌を改良しないといけないという事を覚えました。それだけでなく肥料もいるのです。

土にお金をかけ、肥料にもお金がかかります。そしてそれだけだと、虫たちの餌にするだけです。なんと、防虫にもお金がかかります。人の庭を眺めるだけなら無料です。(笑)

土、肥料、防虫に気が付いたのは、最近です。便利な時代です。いい情報も悪い情報もネットで取集できます。

お世話して花が元気になると不思議と癒されます。土いじりを無心になってやるのがストレス解消にもなり楽しいです。

いつしか、美しい庭になって欲しい。

2021.03.27



大きくなるトネリコ剪定

・放置すれば巨木になります。

風にユラユラと揺れるトネリコの木。店舗や住宅などでも人気の常緑樹。丈夫に育つ木です。このトネリコの木が家にも4本ほどありました。だんだんと大きくなり5メートルほど伸びたときに強剪定しました。

それでも5本株立ちでしたが大きくなって、根元が1本になりました。選定しても剪定しても伸びてきます。電線にも届きそうだったのでついに、株立ち5本を3本にしました。現在、丸裸ですが、もう少しするとまた伸びてきそうです。

株を切ると余計に繁ってきそうな気もしますが、様子見です。庭の木は、元気に育ってほしいけど、大きくなって欲しくはないという矛盾があります。脚立に乗って危ない思いをしてまで選定したくはないし、かといって元気にそだってくれないと困ります。

透かし剪定をしながらバランスをとっていますが、やがては大きくなります。このトネリコは、人気の常緑樹ですがどこの家も最後は、大きくなりすぎて切っているのではないでしょうか?もしくは、伸ばしっぱなし。(笑)

今度は、花に挑戦してみようかな。

2021.03.25

 

 

 



屋根の延長計画。

・裏庭の屋根を伸ばし吹込みを抑える。

雨が強く降るとどうしても雨が吹き込んでくる。足元は石張りだが濡れるのが気になるので屋根の延長計画を立てたが、ずいぶん時間もたった。せっせと予定の場所の木を植え替え、準備中。

きっと30年くらい前に自分で施工した石張り。最初は、どうやって施工していいかも判らないし、頑丈に頑丈に施工した記憶だけが残っている。まさか、自分で壊すなんて、正直、少しさびしく感じてしまう。

風呂敷ではないが、誰しも自分で広げたものは、自分で畳む時が来る。それが、今風に言うと断捨離なんだろうけど、自然な事だ。誰人も命は、永遠ではない。いつか訪れるであろう最後の日に向かって準備しているだけだ。最近はいろんなものを整理してしてシンプルにシンプルにして生活をしている。居住空間は、広くても不要なモノや使わなくなったモノ、自分が整理しなくてはいけないモノは、ほとんど整理ができてきた。最後は、始末におえないガラクタが少々あるだけ。(笑)

壊した残材をトラックに積み込んで処分場に持っていく。天気がいいので作業もはかどって気持ちがいい。しばらくは、壊していく作業が続いて、そこから屋根の基礎を作っていく予定。まだまだ、時間がかかる。

のんびりとやっていこう。

2021.03.20

 

 

 



植え替えばかりしている。

春は、なんだかんだいっていい。

我家のハヤトミツバツツジが、咲いた。綺麗だ。毎年のお気に入り。枝がかれてしまい、4本の株立ちは2本になってしまった。大きくなって欲しい。頑張れ。春になりこのピンクをみるとウキウキします。

裏庭の屋根を伸ばす計画に入り、今の植栽エリアに日が差さなくなる為、またしても植え替えが始まった。最近は、植え替えばかりだ。スコップ掘るだけで息が上がってしまう。

ハーハー言いながら。ようやく動かしたが、大きいし、重い。ドンゴロスを敷いて何とか動かした。

裏庭から表に移動、最後の力を振り絞り、持ち上げ、枝ぶりをみながら回転。重たい。このアオダモは、気に入っているので大きく伸びて欲しい。ユラユラとする葉が心地いいです。もうすぐ葉がでます。

2021.03.15

後日、無事開花。

 



白木蓮 コンパスフラワー。

・一輪だけ咲いた。

蕾が必ず北を向くので別名コンパスフラワーと呼ばれているらしく本当に北を向いているみたい。山には登らないが、山で道に迷ったら、方位磁石の代わりになるかもしれないらしい。

一輪だけ咲いたのではなく、私がずっと切り詰めていたせいでこんなに細く長い幹になったのです。

とにかく白が美しいモクレンです。ここからは、切り詰めずに大きくしていきたいです。きっと綺麗な花がたくさんつくはずです。

だんだん暖かくなりだしました。本当にいい季節です。観葉植物もすこし手入れして植え替えなんかして楽しんでいます。春はもう来ている

パキラを管理する適温は、20℃~25℃らしい。何故か、葉が黄色くなったのでもう一度、根腐れしないように植え替えと土を変えて温度管理してみよう。観葉植物の入門編ともいわれるパキラがうまく育たないのも問題だ。水やりだけは、やりすぎないように十分気を付けている。となると、日当たりと温度管理しかないはずなんだけど、今一つ黄色い葉の原因が不明です。様子をみて行こう。

周辺では、河津桜も満開でいい気候になっている頭の中をよぎるのは、コロナウイルスの終息だけだ。また、昔のような春になって欲しい。

2021.03.10

 



小屋の準備をせっせと行う。

・早いもので3月がやってきました。

今年も月日の流れは早い。年齢とともに一年はアッと言う間に過ぎ去るのだろうが・・・。

我家も小屋早く作りたい。せめて夏が来る前に。見積もり依頼をしてから1ヶ月ほど待っているのでそろそろ、打ち合わせに入る予定。

工事前にはがした石張りをもとに戻して準備をいておこう。柱を立ててて屋根を延長させるのが今回の目的だ。その後、ウッドデッキをつくりたいと考えている。ウッドデッキにも屋根が欲しい。

何かと濡れるのが嫌いで車やベランダなど濡れるのがついつい気になってしまう。ウッドデッキの下は当然ハンモックだ。

すでに、ハンモックは、買ってある。(笑)

道のりは長いが一つ、一つ進めて行こう。人生なんかすぐ終わる。やったもん勝ちだ。

早く、温かくなって庭木を植えたーい。

202103.02

 

 

 



どこまでも続くよDIY。

・30年ちかくいじくる我家

気が付けば、土地を購入して家を建てはじめたころから、あちこちいじくってばかりいた気がします。自分の事に熱中して、家族にも無関心で突き進んできた自分に反省しております。(;^ω^)

やりだしたら止まらないところもあり、特に家に関しては、客観的にみると自分が気に入ったようにしたいようです。最近ようやく気が付きました。作っては壊す。壊しては、作る。繰り返しが長い。(笑)

 

どうもせっかく作った張り石ですが、壊すことに。

作る時は、必死で時間もかかり何年も愛着があったんだけど、また次の夢をみて壊します。

なくなるとやっぱり寂しい思いがしますね。一応今度は、ここを小屋風にするために簡単な壁を作りたいと考えています。屋根をどれだけ伸ばそうかと考えているところです。ガラス張りの明るい小屋づくりを考えているのですが、業者にお願いするところと自分でやるところを思案中です。

全部自分でやるDIYもいいですが、屋根まわりや建具はプロに頼んだ方がクオリティが全然違ってきます。予算と相談して頑張ろう。

2021.02.23

 



トネリコの移植。

・一体いつになったら落ち着くのか?

リフォームやDIYのたびに植栽を動かしまくり、石張りをはがしまくる。何年も何年も飽きたら動かしまくっています。

裏庭の軒の屋根を拡幅したくなり、そのためには、柱を立てる必要が出てきてしまった。植えて数年になる大きくなったトネリコの木を動かすことになりました。3メートルくらいは、ありそうです。

まさか?動かすとは?夢にも?

そしてその前に、柱が来そうな位置の石張りもはがすことになりそうです。必死に作業したのに・・・。(;^ω^)

バールを使うと簡単に壊れます。張るときは大変だっけど壊すは、一瞬。綺麗になくなり、次は、トネリコ着手。

寒風吹く中、せっせとスコップでエンヤコラエンヤコラ、ただ掘るのみ。

まわりを掘りあげて横から押して汗だくでここまできた。ロープで持ちがるかと思ったら重い。根っこの土がとにかく重い。

何とか何とか、持ち上げて石張りの上にあげる。

ここで、ズリズリ作戦。引っ張って、引っ張って引っ張って起こす。選定は、後でユックリと枝ぶりをみながらやりましょう。まずは、植え付けを急ぎましょう。シッカリと堆肥を与えて水やり。

植え替え完了。

柱ができたらまた何か植えよう。

2021.01.31



大物が捕れました。

今年も残り少なくなりました。モミジも散りはじめています。我家も冬支度です。庭の清掃にせっせと精をだし、枯れ枝などを整理します。

もう何年間も点検していなかった雨水枡ですが、あけてみるとモミジの根が入り込んでいました。今年の夏も別のモオミジが雨水桝に根を張り除去したばかりです。植物にとって水は死活問題ですからわずかの隙間から根を張ります。本当にすごい生命力です。

何年間もかけて大きくなったモミジですが、雨水桝の塩ビパイプにこれだけの根を伸ばしていました。

ロープでせっせと引き抜いて・・・。2本、大物が捕れたぞーっ。長い。ホウキのように根が伸びています。これだけの根が二本なくなったので来年は、枯れない事を願っています。

夏に根っこを除去したモミジは、今のところ元気です。

今年も残すところ2週間ばかり、庭木の手入れをしていると1年があっという間です。庭木の成長とともに自分の歳も重ねていきます。どこまで見届けることができるかを考えると多少、寂しさを感じることもありますが、人生とは、そんなものなんでしょう。春の桜はより私は、秋のモミジの方が、好きです。庭木たちは、冬支度とともに春に芽吹く準備をしています。力強い。自分も頑張ろう。

2020.12.13

 

 



セイヨウニンジンボク。

・新たな植栽

我が家には、あまり花がつく木はありません。花よりも新緑や紅葉が好きです。先日、ナンキンハゼの伐採の後に何かを植栽しようと思い。いつもの園芸店で見つけたのが、青い花が咲く、西洋ニンジンボク。葉っぱが個性的でユラユラをしていました。衝動買いしたのはいいけれど、調べてみるとこれも大きくなるではありませんか?ネットで見ると横に広がるので直径3メートルくらいは、植栽地が必要だとか記載がありました。そこまで広くはないけれど、前向きに挑戦してみることにしました。

個人的には、植栽は、密度がある方が好きなのでいろんな植物を群生させたいと思っています。洋風でなく和風の山里の感じが好きなので、その方向性で努力しているつもりです。山里の枯れた感じは、大好きですが、力強くオリーブの木があったりするのも好きなので、和洋が入り乱れています。紅葉も捨てがたく、常緑の茂みも欲しいところです。いいとこどりを狙うため苦労します。現在、迷走中ですが、自分の庭なので自分が癒されるのが一番です。

とりあえず思い切り刈り込んでおきます。来年になれば、青い花が咲くはずです。この木もあまり大きくなるとまた、伐採してしまうかもしれませんが、私自身もあと何年生きているのかもわかりません。将来、家もなくなれば植栽もすべてなくなり更地になるのです。諸行無常。

2020.12.06

 



ナンキンハゼの伐採。

・見る見るうちに大きくなった。

幹もよく伸びるが、根も伸びる。すごい成長をする。アッという間に大きくなってしまい切ることを決意。

まだまだ、成木にはなってない感じですが、このまま放置すると多分、手に負えなくなるでしょう。植え替えまでしましたが、やっぱり、庭の広さや、木の特性、落ち葉の手入れなど、思い付きだけで植えたら大変な事になりますね。

今まで、なんでも植えたい木を植えてきましたが、今回のように大きくなりすぎたのは、初めてです。確かに公園、街路樹などで見かけるタイプですよね。

個人宅には、桜や銀杏の木をあまり植えないようにナンキンハゼも植えてはいけないのかもしれませんね。

大きなお庭や山を持っているような人は、いいのかもしれませんが・・・。私は、完全に選択を間違えました。

美しい紅葉ですが、将来を考え伐採します。庭木選びは、慎重にしないといけませんね。

自分で育てて、自分で切って身勝手な感じがしますが、致し方ございません。

2020.11.29



モクレン バルカン

・赤い花につられ衝動買い

鉢植えが寂しいのでにぎやかになるようにホームセンターで寄せ植え用の植物を探しにいきまして何とか寄せ植えが見れるようになりました。

ホームセンターでうろうろしているうちに園芸コーナーでふと見るとモクレンを発見。我が家には、白のモクレンはあります。

ですが、このモクレンバルカンという花は、赤いらしい。写真を見ると紫でなく赤だ。

本当にこのような赤色になるのかどうか?写真の色味によってこんなに赤いのか?非常に興味が湧いてしまった。

さっそく、購入。植えてみることにした。モクレンなので大きくなるだろうけど、場所的には、限られていて先日、植えたユーカリの隣になってしまった。

赤い花が楽しみで仕方ない。

ついつい、庭木を買っては植えてしまう。弱った植物が元気になるとそれが一番楽しい。土いじりは、心を癒してくれるのかもしれない。

2020.11.07

 



ユーカリの植え替えに失敗。

・見る見るうちに枯れていった。

9月のユーカリの植え替えに失敗してしまいました。ショックです。

お気に入りのユーカリだっただけに残念です。まだ少し暑かったのかもしれませんが、枯れていく姿になすすべがありませんでした。背が高かった分、あまり枝がなかったので枝を刈り込む事も出来ず、水やりはシッカリやりましたが、逆にやりすぎが?根っこを崩すことなく自分では上手く植えかえたつもりでしたが・・・。

生き物は、正直なだけに怖い。シッカリやったつもりでも何かが悪かったのだと反省。次に活かしていこう。

それでも、どうしてもユーカリを育てたいのでもう一度。トライ。造園屋さんに買いに行ったら大きくていいのがなかったので別の花やさんで鉢植えを買いました。少し大きくて元気そうなのを選んで地植えしました。

今度こそ、頑張って、大きく育てないといけません。(反省)

ついでに、園芸店でアカシアペクタビリスをすすめられ購入してしまいました。個人的には花には、あまり興味はありません。しかも、黄色い花。白ならまだしも黄色。食べず嫌いなのかもしれないので挑戦してみましょう。黄色??うーん。イマイチ気が乗りませんが・・・。

とりあえず植えてみました。大きくなるらしいので剪定が必要。頑張って育ててみましょう。

2020.10.06



庭仕事で大物退治。

・5メートルを超えていた大物

我が家のもみじを選定し庭掃除。ついでに雨水マスも掃除することになり、マスのフタを外してのぞき込む。

あまり、この作業は好きではありませんが、天気もいいし。めったにしません。数年に一度です。

小さなマスです。そのマスから雨水パイプがつながれています。離れたマスに雨水を送り処理します。

ちょうどモミジの木の下にありますのでモミジの水源でもあります。ただ、マスはコンクリートで遮断されているので水源にはならないはずですが・・・。

コンクリートのマスと塩ビのパイプのわずかな隙間から根が入り、数メートルある塩ビのパイプの中を根が伸びていました。もちろん塩ビパイプですから根を張ることはできませんので引っ張るとスルスルと抜けて、なんと5メートル。

かれこれ、5年ほどまえに一度、綺麗に掃除していたんですが、まさか、また伸びているとは思いませんでした。すごいですね。モミジの生命力。5メートルの根を切られたから根が、水分をあげれないので、これからまた水やりをこまめにやろう。

2020.10.04



ユーカリの木を植え替え。

・ドングリの木の間に常緑

塀はありますが、通りに面しているので目隠しの為ドングリの木を2本植えています。落葉のドングリは、季節の移ろいがあってとても好きです。大きくなりすぎるのが困りものですが・・・。落葉の為、冬はどうしても枯れて寂しくなります。これまで2本のドングリの間に何度も常緑を植えてきたのですが、何故か大きくなりません。地中で根っこが侵食されているのか、育ちません。

そこで、ユーカリを投入。裏庭にあったユーカリを植えました。葉が丸くて、みずみずしく優しい感じです。ついでにコアラもイメージできますね。ユーカリは、過去にも植えたことがありましたが、背丈ぐらいまで伸びても自立できず最後に切った記憶があります。今回で2度目です。背丈を超えた物を植え替えますが、やっぱり自立できません。支柱を立てます。

ユーカリは、大きくなるのでシッカリ育ててみます。

ドングリに負けずに大きく、大きく。

2020.09.11



石張り工事完了。

・やっとで終わり。

昨日は、仕上げの目地入れをせずに終わりました。今日は、仕上げです。汚いようですが、目地全体にセメントと細かい砂を刷り込みます。天気が怪しいので急いで作業しています。乾いてしまうと塗り広げたセメントが取れなくなりますので早めにスポンジでふき取ります。

あーやれやれ、これで完了です。水が溜まっているのを見るたびに長年、イライラとしておりました。これでたまらないでしょう。

 

乾いた後の水まきで確認したら、バッチリでした。

2020.09.11



石張りのやり直し作業3。

・久々の作業で腰がいたい。

昼食後の13:00過ぎから、スタート。この石張り作業、年齢的な事もあるのでしょうが、首、肩、腰とアチコチいたい。マッサージ機に乗っては、あーっ。うーっ。とうなっています。とにかく進めましょう。

シッカリ、下地が固まっています。試しに石を置いて寸法に間違いないかを事前にチエック。問題なければ、せっせとセメンを練る。あー腰が痛い。

から練りのセメント引きながら微調整をする。今度こそ水が溜まらないようにシッカリ調整しよう。

水平器とにらめっこ。微調整しながら高低差を出す。石とセメントが良く接着するようにスポンジで水を調整しながらかけていきます。

ハンマーで叩いて微調整、セメントを追加で腰が痛い。さらに水平器機でにらめっこする。前傾姿勢は、腰に悪い。

一応、石張りは、ここまで明日、目地を入れよう。あー。頑張った。今日もノンアルコールで疲れをとろう。

2020.09.10



石張りのやり直し作業2。

・今日は早起きで進めます。

やりかけの作業があるとどうも落ち着かないので手があいたら進めていきます。割れた石を切削し、新規に石を用意。

ポンコツの切削機ですが、まだ動きます。これを使えばキレイに切ることができます。普通は、職人さんが現場で切って加工しますが時間がかかります。寸法さえわかれば、こっちのほうが精度があがります。もちろん、こんな機械は、どこにでもあるわけではありません。

切った石をはめ込んでみて収まれば、OKです。新しい石は白いなー。

先日用意してたので、今日は、朝6時起床。よく働くなー。朝飯前の仕事で基礎のコンクリートを準備。

基礎をならして、コンクリートを練ります。この作業、後で腰に負担が来るんだよなー。若くはないからな。

キレイに仕上げ朝ごはんでも食べようと思ったら、突然の雨~。あるんですな~。こんなことが・・・。早起きで神様ががびっくりしたのか?

とりあえず、天気が怪しいのでドンゴロスをかけて本日は、ここまで。昼間は、仕事中、居眠りだな。つかれました。

2020.09.05



石張りのやり直し作業。

・前々から気になっていた水たまり

普段は、全く気にならないのですが、雨が降るとほんの少しだけ水がたまるのです。生活するには、何の問題もない。気にしなければそれで終わるんですが・・・。

気になります。自分のやった仕事だからきになります。そして雨が降るたびに気になります。職人気質なのでしょうか?許せないのです。

あー。ここまでやらなくていいのに性格の問題です。

水をはってどこが低い状態かをよく確認します。自分の仕事を自分で点検して原因を究明。(笑)

よく見ながら、低いところを確認する。

カッターで切り込みを入れてバールを使いながら石を外していきます。再利用できる石は、使います。壊しているのでは破損した石は、使えるところまで使います。

炎天下、汗がすごい。今年の夏は、とにかく暑い。カッターが熱をもって熱い。手で持つことができません。なかなか、熱が逃げません。水洗いできないので、ここで熱伝導作戦。(笑) 鉄をくっつけて熱を逃がします。その間、ハンマーで下地のコンクリートを取り除きますが、こういう時に限って・・・。いい仕事をしている。ガチガチにコンクリートが固まっている。仕事は、いつも皮肉なものだ。

ハンマードリルを投入、何故か道具だけはある。後は、穴をあけてハンマーでたたいて粉砕。さすが、道具があれば早い。

本日は、ここまで、壊れた部分は、小さく切って再利用します。石は、何度でも使えます。

昔は、酒ばかり食らって軍手なんか洗った事は、なかった。軍手も使えばすぐに捨てていたが、金銭感覚もおかしかったのだろう。酒を飲んでは、はしごして一日に3~5軒、お金は、すべてオシッコにしていた。非日常も常なれば日常。今、軍手を洗って干している、これが、日常だ。

2020.09.05



台風10号前の植え替え。

.前々から植え替えようと思っていた。

今年の夏は、記録的な猛暑。毎年、記録的と言われているのでもう慣れてきましたが、本当に日本の夏は暑くなった。クーラーを入れていても暑い。これはただ事ではない。将来、夏は、日本に住めないのではないか?

当然、植物たちにとってもこの猛暑は、年々耐え難くなっております。今年は特にサトミやどんぐりの木が葉っぱを落とし、紅葉が見れるかどうかぐらいに弱まってしまいました。また、常緑のソヨゴ、エゴ、アオキの葉が焼けています。

先日、アオキの葉が真っ黒になるぐらい焼けていたので日陰に植え替えました。

ここから、怒涛の植え替えです。(笑)

1.まずは、トネリコのグランドカバーを植え替える。

2.次はソヨゴの植え替え

ここで、休憩です。汗が、”どうにもともらない””。山本リンダ状態です。熱中症になりそうです。

ブドウを食べてスタミナ温存。昔なら、小さな缶ビールで一杯。

3.次は、トネリコの足もとのカズラ抜きます。トネリコの根が絡まり今一つ元気がないのでこの際少し日陰に植え替え。

もっと涼しくなってからやればいいのにとか思いながらも、思い立ったらすぐに行動するのが私です。人がやめた方がいいと言えば言うほど燃えてきます。(笑)

4.次は、ハヤトミツバツツジを植え替えます。この木は、本当に美しい。絶滅危惧種のようです。マゼンタ色の可憐な花をさかせると同時に、紅葉時のダークレッドの葉の色が素晴らしいです。うんちくを垂れましたが、今年は株立ちを1本切りましたが、さらに弱まりましたので植え替えです。

猛暑で体力が限界。

午前の部は、ここで終了。お昼ごはんの時間です。ビールは、飲みませんぞ。

5.暑さもピークですが、ハヤトミツバツツジの後にそのまま、トキワマンサクの白を植えます。本当はもっと葉が伸びていたのに切り込みすぎたのか、成長が止まったのでここで少し大きく育てましょう。私の勝手な思い込みです。

6.トキワマンサクの白の植え込み後にトキワマンサクの赤を植え込みます。植え替えのオンパレードです。

7.最後に元気のなくなった常緑のエゴの木を植え替えます。落葉ではありません。常緑ですが、今まで花をつけたのをみてません。両隣をドングリに挟まれてしまい、栄養をとれれているのでしょうか?今年の暑さでだんだん枯れてきて小さくなりました。もっと元気だったんですが・・・。この際に植え替えます。

植え替え開始。以前、園芸店のオジサンんは、根っこのヒモは、取らなくていいよと言っていましたが、ビニール製ですから腐ることもなく見事に食い込んでいました。ハサミで切ってあげました。根っこが少々弱っている感があります。暑いので植え替えは、考えましたがこのままでも枯れそうなので根っこが暑くならない日陰に植え替えます。

とにかくシッカリ、シッカリと手でもみこみながら元気になーれ。反応してくれるかどうかは、わかりませんが・・・。

お水を上げて植え替え完了。今日は、とことん疲れました。本日は、お肉でも食べよう。お店で一杯。

昔なら、ガンガンに飲むでしょうが、今は、ノンアルコールです。植え替えの後の一杯。ノンアルコールでも最高です。味は、何を飲むかより何をやったかです。台風で植え替えた木が倒れないことを願います。

2020.09.04



Storage rack4

・今日で終わらせようDIY

不細工な足もとも修復。

本来、この収納ラックは、クランプ類をまとめて収納する事が目的で二つのラックを一つにまとめる断捨離DIYです。

 

収納にあたり棚の一段は、必要なのでせっせと受け棚を製作、本日も気温は上昇なり~。

この洗濯ばさみのようなクランプは、いままで放り投げていましたが使いやすいように整理整頓。包丁のようなものを作りそこに挟んで収納。挟むところは広い方がいいのでやり直し。

ついでにグリップエンドも握りやすいように。

 

猛暑なのでニスモすぐ乾きます。

カッコよくアメリカンな感じで鍵を付けたのはいいけれど扉を引けば、スルスルと鍵が抜けます。駄目だこりゃ~。

これならどうだと付けたら、これもスルスルと抜けた~。

それなら、今度こそマグネットで扉を止めようとしたら、金具が一枚しかないのでL金具を切断して二枚に。今度こそ扉を止めようと思い。そろりと押すと。心地いい、マグネットの音が、『カチッ』と聞こえました。炎天下の作業でようやく終わりが見えてきました。

最後に取っ手を取り付けて完了です。

DIYをしてみたい方、悪いことはいいません。買った方が安いです。私の安月給でも日当と材料と道具を考えたらお金出した方がいいものが買えます。DIYは、自己満足です。でも、最高の想い出となるのでそれが一番の楽しみでしょうか?

ようやく完成。

2020.8.28



Storage rack3

・引きつづき収納ラックのDIY

ここまでできていたんですが、どうも不細工な足もとが気になる。

キャスターをせっかく付けたのだけど本体に対して少し大きすぎるため安定が悪くなってしまいました。おまけに足もとが不細工です。

とうとう底に入れていた板も外してしまいました。

気温は、上昇中。35度くらいでしょうか?

キャスターを付け替え、底板を補強して戻し、扉の開け閉めを微調整して出っ張りをグラインダーで削り、今日はここまでです。頭では、次々に進めているのですが体がついていきません。思ったより時間がかかった割には、変化はありません。本日は、ご褒美にとんかつでも食べに行こう。何故か、ご褒美が多い。

まだ、終わっていません。

2020.8.27



Storage rack2

・猛暑の中のDIY

納得がいくまでDIYしましょう。

ここまでは、前回完成していて扉をつけることに。

丁番の取り付けは毎回、面倒ですが上手くいくと感動ものです。金具が垂直に取り付けられチリがあっていると綺麗に見えます。今日の暑さは、汗だらだら。それだけでなく、扉が動いてイライラします。

写真には、写っていませんが扉を切ったりヤスリをかけたり夕方まで時間がかかりました。本日は、ご褒美に焼き鳥でも食べに行こう。

まだ、終わっていません。

2020.8.25



Storage rack

・何をやっているかわからないパターン

キャスターの取り付けで完了していたのですが・・・。

二つを一つにしようと思い・・・。

どんどんバラシて余った材料で一つにしてしまった。

おかげで片付いたが、収納が狭いので次回引き出しを作ろう。

最後は、自己満足の世界です。

2020.08.22



植え替え作業

・植え替えをします。

庭で過ごすのが好きで、観葉植物の手入ればかりしています。不思議なもので土いじりは無心になってやりだしてしまいます。 雑念がない。余計な事を考えない。頭の中がスッキリします。リフレッシュできます。ゆっくりとした時間がが流れていきます。

2020.8.20

 



Wood table diy

・DIYの追加作業
もともとは、ホームセンターで購入した台車に枠と引き出しを
付けて製作したものです。

今回は、靴を置くために棚を一段追加します。

ありあわせの木材でしたが、ニスで塗って仕上げておきました。


キャスター付きで、なかなか便利な一品です。


引き出しをつけています。スルスルと軽くて便利です。


ありあわせの2枚の板が出てきました。


盆期間の騒音を考えて電動ノコを使わず、手でキコキコ。


2枚を1枚にボンドで接着。


今回もニスを塗ります。


天気がいいのですぐに乾きます。


棚の中に入れるワイン箱です。以前、取っ手をつけてDIYしました。
底面に滑りやすいテープを貼ります。


棚の位置を仮に決めます。


L金具を黒に塗装。


ついでにスコップも。(笑)


アメリカンな感じです。


L金具を取り付け。


靴を置いてバッチリ。

ついでにスコップも。

2020.08.14



Foliage plant stand

・庭でくつろぐためにDIY

コロナウイルスの影響で家にこもることが多くなりました。

庭いじりが好きなので部屋にも観葉植物を置いていたら、
観葉植物用の台が必要になり、DIYでつくる事にしました。

とりあえずニス塗りで完成しましたが、
水やりなどで鉢が落ちたら困るので背面に落下防止の柵を追加しました。

2020.08.04



tonotown